色彩雫とコンバーターで万年筆ビギナーを楽しむ

2018年12月17日

今日も今日とて、きなこちゃん夜鳴き祭り絶賛開催中です。

寝かせてもらえないんだったら、起きている時間を有効活用しないともったいないってことで、ブログを更新することにしました。

先日こんな記事を書いていた通り、軽〜く沼に足の爪先くらい浸し始めました(笑)

地元の品揃えがいい文具屋さんが月1ペースでセールをやっているのに乗っかって、先月ついに色彩雫・コンバーター・Kakunoスケルトン細字本体を購入。

色は渋めで普段使いしやすそうな、山葡萄・月夜・冬将軍にしました。

カートリッジのインクも在庫が残っていて、手持ちの万年筆とインクの色の数を合わせるには、本体があと1本必要ということになりますね…こうやって沼沼していくのか(笑)

プレピーは「インクの色は変えないでください」と注意書きがありますが、ちょうど付属のインクを使いきって洗浄したところなので、プラチナのコンバーターを買ってきて冬将軍を入れて使ってみようかなと思っています。

プチプラは冒険できるのが強み(あくまで自己責任において)

  

山葡萄と月夜はKakunoとアフタヌーンティーに入れました。

1回分入れてもボトルのインクはあまり減っておらず、これは新しい色に目移りせずに使いきっていかないと減らない予感…

ほぼ日手帳weeksに試し書き。裏抜けはあまりなく、乾きの早さも悪くない。

ブルーブラック系の月夜は汎用性がありますが、山葡萄は個人的に大好きな色味ながらも使える範囲が限られそうなので、モーニングページを書くときに使って消化することにしました。

季節的にも早く冬将軍を使いたいなぁ。

今月はセールを待たずに最低限のツールだけ揃えに行こうかと思いながらも、仕事が終わると何よりも仮眠が取りたくて、まっすぐ帰宅している今日この頃。

睡眠欲は他のあらゆる欲望を凌駕する。これもネコノミクス効果か?(笑)