プロフィールをサイドバーに設置。カツラを外してハゲのままに生きよう♡

WordPress

一連のコントが収束して、私が還ってきた場所は、やっぱり「書く」と「読む」でした。

積ん読になっている本を貪るように読み、並行して図書館に行っては静かで落ち着いた空間に子どもの頃に感じていた安らぎを思い出し、また新たに本を借りてきて読んでいます。

お世話になっている方からの勧めもあり、ふと思い立って短編小説の公募にチャレンジしてみることにしました。締切は6月10日当日消印有効。

原稿用紙30枚を1日5枚書いて6日間で下書きを仕上げ、2日〜3日で推敲と清書を仕上げて投函する計画。

せっかくなので、下書きは万年筆の手書きにチャレンジ。文豪気分(笑)

おとといから始めて、10枚まで書き上げられました。

明日から平日に突入して、仕事の時間とやりくりして書き続けられるかがキモかなと思っております。

最近は早寝早起きができるようになってきたので、朝に書こうかな。

で、不思議なことに、ひとつ「書くこと」を始めたら、別のものも書きたくなってきて。

バレットジャーナルにも書いて、去年からやるやる詐欺を続けていた作業が昨日今日でサクッと完了してしまいました。

ブログのサイドバーにプロフィール欄とSNSのリンクボタンを設置しました!

SNSはツイッターとインスタグラムだけで、どちらも更新頻度は高くありません。

どうやらHSP寄りみたいなので、画面の向こう側の方々との情報戦みたいなやり取りは、何回もチャレンジした結果「あまり自分には向かない」と悟ったのです。

そんなの楽しんで疲れずにできてりゃ、職場の飲み会にも参加し続けてるだろうよ(白目)

ま、とはいえ、やっぱりブログは拡散したいし、あわよくばアドセンスの収益だってあげたいじゃないですか(笑)だからツイッターのアカウントは持ってます。

インスタグラムは、あずきちゃんを譲渡して頂いた里親さんへの近況報告が目的でやってるので、にゃんず写真が主になっています。親バカですが可愛いので、猫好きさんにはブログを読むより有意義かもしれません(泣笑)

プロフィール の文章は、これまた、どこがどう繋がるか分からないってやつで。

あるブロガーさんが配信しているラジオが聴きたくて「radiotalk」というアプリをiPhoneにインストールしたんですよ。

そのアプリを使用するにはアカウントを取得する必要があって、取得した後は当然プロフィール を作成する必要があったんです。

で、いつもなら適当な写真をアイコンにしてプロフィール 欄は空白のままにしておいたりするんですけど、なぜか昨日は興が乗って「今の自分をアイコン化してみる実験♪」みたいな感じで、サラサラっと文章が浮かんできて書き上げました。

「あれ?このプロフィール 、ブログとかSNSでも共用できるんやないかな?」

すぐにコピペしてWordPressに保存。

今朝、ネットで「ルクセリタス サイドバー プロフィール 」で検索して作り方を調べ、思ったよりも短時間でプロフィール 欄を設置することができたのでした。

ツイッターとインスタグラムもコピペでいこうとしたんですが、文字数制限があったので、かいつまんだ内容のプロフィール に書き換えました。

これでやっと、私のチッポケにして唯一な人となりが少しは明らかにできたかと思います。

こういう時に今でも役立つのは、界隈時代の自己開示スキル。

あの頃ほど晒けだす自己開示はしませんけど(苦笑)自分の隠しておきたいと思うような部分を逃げずにしっかり見つめて、あえてネタにする姿勢は潔いと思います。

カッコつけて上っ面で体裁よく立ち回ってるつもりが、ズレたカツラをかぶったまんまドヤ顔してるコントになったら目も当てられない。

まずはカツラを外し、ハゲの自分を認めることからしか始まらない。

ま〜しがみついてても、今の世の中けっこう即時決済で突風が吹いてカツラが吹っ飛ばされる流れになってますから、そこから始めてもお好みではありますが(笑)

ここまではずっと前から気づいて実践してたんですが、ここから先のアプローチがズレがちだったんですよ!カツラを外した後なのに!(笑)

「ハゲてても愛してるよ♡」と表面的な言葉で誤魔化したり。

「私がダメなのはハゲのせいだ」で止まって都合よく言い訳にして、ハゲ以外の部分(例えば、清潔感とか服のセンスとか)を磨く努力を怠ったり。

拗らせてる時には「そんな努力をすること自体が自分を否定してる!ありのままが一番!」とかほざいてみたり。

挙げ句の果てには「私はハゲのままの私を受け入れてるんだから、あなたも受け入れて!」と要求するテロ行為とか。

相手がハゲ好きか否かは相手の自由だろ!そもそも相手に要求できるくらい、お前は自分のハゲと本当に本気で向き合ったのか?違うだろ!このハゲ〜っ!!←もはや懐かしい

ここまでで何回ハゲといったのか分かりませんが、ハゲはあくまで「自分でも見て見ぬフリをして隠してきた何か」の例えです。カツラは「誤魔化すための何か」の例え。

今回のプロフィール のことで言えば、自分の年齢層や社会的なポジションにおける「負け組感」というところでしょうか。

「もう今から何をやったって無駄なんだから、死ぬまで死んだように生きていくしかないんじゃない?」というようなことを「世間様から言われている」ということにして「自分から自分に言い続けて」いたということ。

だから、その辺は隠しておいて、ぼんやりした人物像で、浅瀬でパシャパシャしたものを書いておこう、と。

いや、だったら最初から何も書かないで、クローズな世界に留まっていれば良かったんですよ。

それをあえて書かずにいられないのは、本当の本音は「無駄だろうが何だろうがやりたいことはやりたいし、死ぬまでは生き抜いてやる!」という想いがあるからだと思います。

そこに正直になって、泥臭く喜怒哀楽にまみれながら日常を面白がることを改めて覚悟しました。

なんだか長くなってしまいましたが。

こんなハゲですが、ハゲ頭を自分なりに磨き続けて、どんよりとした闇に沈んでいる誰かに一筋の光(笑い)を届けられるようなハゲでいようと思っております。

改めて、お見知り置きをm(_ _)m