PRODUCE X 101 (字幕付)第4話までAbemaTV 視聴完了

エンタメ

毎晩、少しずつ視聴しては感想を書こうとして、下書きの途中で寝落ちしてました。。

公募の準備は昨日片付け、投函も今日無事に終わって、土日の夜は心置きなくプデュ三昧できました♡

プデュというプログラムに慣れてしまったのか、シーズン2とWanna Oneというグループが神がかっていたのか。

ついつい今回のプデュXは期待値が上がってしまうし比較してしまいます。

海外からの練習生が多いけど、キャラは全体的に薄味で、突き抜けてスキルが低い子がいないのが逆に物足りない…とか。

でも、しょっぱなからXランクは即脱落みたいな雰囲気にしておいて救済があったり、練習生同士でぶつかったり励まし合ったりするドラマが展開したりという場面を見るうちに情が移ってくるという。

グループバトルでステージに立つと全員がカッコよくなってるのが分かって、そのまま全員でデビューさせてあげてください!って思ってしまいます。我ながらチョロすぎる(笑)

個人的にグループバトルで忘れられないのはプデュ48のブンバヤ事変です。

今回はマイクが故障して歌が聞こえなくなる事案が発生して、同じ事務所のメンバー同士で対決してる子が泣いて相手チームの再公演に賛成したり、正々堂々とした男の子の闘いに涙させてもらいました。

次回、第5話は初めての順位発表会。

これ、脱落メンバーが確定して、テーマソングのピアノバージョンが流れて、残留組と脱落組が涙のハグとお別れセレモニーをするのがお約束になってますけど、毎回タオルが必要になるくらい泣いてしまいます。゚(/□\*)゚。

まだ特に1pickの子はいませんけど、だいたいグループは箱推し派なので、どの子が残っても落ちても感情が動きますね。

明日が怖いような…でも、しっかり見届けます!