贅沢≠お金を使う

2020年3月29日心と身体

三連休の中日である今日は、天気もイマイチだったし、一時預かりをしている赤ちゃん猫と先住猫たちの様子が気がかりだったのを良い理由にして、丸一日自宅で引きこもってのんびりと過ごしました。

朝からデカフェコーヒーとロールケーキでおうちねこカフェして、視聴期限が迫っていたAbemaTVの「アラン使道伝」一挙放送をひたすら視聴して、猫とモフモフして、小腹が空いたらポテチを食べて…気づいたら夜になってました(笑)

猫たちの様子も私の心身も落ち着いて、すごく贅沢した気分なのに、今日は1円もお金を使っていない!

もちろん自宅にいても光熱費は使ってるんですが、それ以外の出費はゼロ。

それなのに、ストレス発散のために散財して一瞬の贅沢感を感じるより満足度が高い。

複業先を増やして目先で稼げてるように見えて、忙しさとストレスから飲酒復活(金曜日だけですが)しそうになったり、コンビニで食べ物を買い込んだりし始めていたので、ちょっと見直さないといけないと思っていたところで、ああやっぱりな、という感じです。

猫たちとの生活のために稼ぎたいのは山々だけど、長い目で見て散財が増えるくらいだったら労働量を減らした方がコスパが高いと分かっているので、明日までしっかりお休みして、明後日からの働き方は仕切り直しです。

まずはサービス残業を減らすところから。

稼げない労働に時間とエネルギーを浪費しない。

働き方改革は政府や職場ではなく、自分でやるもの。

分かっちゃいるけど…なかなか上手くは捌けないもんですね(苦笑)