【手帳病再発防止】1年分の月間カレンダーをバレットジャーナル に作成

9月以降、いろいろなお店の手帳コーナーがどんどん充実してきて、慢性手帳病には嬉しくもあり辛くもある時期です。

バレットジャーナル を2018年10月に導入して1年が過ぎ、軌道に乗ったので来年は手帳を一元化するぞ!と決心したのに、ついついコーナーがあると覗いてしまう…

日記は、ほぼ日の5年手帳を購入して書くと決めているんですが、危うくほぼ日ストアの送料無料キャンペーンに乗っかってday-freeと一緒に注文してしまうところでした。

キャンペーン最終日に幸い?複業先①が忙しかった上に複業先②のシフトが夕方から入っていたから、疲れて帰宅して注文を忘れたおかげで誘惑に負けずに済みました(^_^;)

5年手帳は今年中にロフト に行って購入したいと思います。

そもそもday-freeが気になった理由は「月間カレンダーがついているバレットジャーナル用ノートとして使えそう」だったから。

それなら、今使っているバレットジャーナル に月間カレンダーをまとめて作ってしまえばいい!

年の途中でノートが切り替わっても、また新しいノートに月間カレンダーを作ってもいいし、新しいノートをミニサイズにして現行のノートと2冊持ち歩いてもいい。

というわけで、日付こそ全部は記入できてませんが、バレットジャーナルに2020年12月まで月間カレンダーの枠を作りました。

これで完全に手帳を購入する理由を封じ込め、長年の手帳病ともお別れです。

ただ…その代わりにノート病を発症してしまったかもしれません( ̄∇ ̄)