2020年の節目に「ほぼ日5年手帳」購入

先日、手帳シーズンの誘惑の数々をくぐり抜け、天神ロフトにて「ほぼ日5年手帳」を購入しました。

購入理由は以下の通りです。

  • 2020年は数字的にキリがいいし、色々とチャンネルがごっそり変わる予感がするから
  • 手帳をバレットジャーナルに統一するために日記帳だけの手帳が欲しかったから
  • 日常の記録を長いスパンで見返せる手帳が欲しかったから
  • 5年後の自分がにゃんずと元気に笑って読み返せる本を作りたいから

それでは、画像と共に開封レポートをお届けしたいと思います。

装丁が本っぽくて惹かれ、基本的に持ち歩くものではないから5年使っても劣化は少ないだろうという目論みの元、カバーなしで使うことにします。

サイズは大小で迷った結果、5年間続けるなら少しでもハードルは低い方がいいと考えて小さい方を選びました。

箱の裏にはお馴染みの格言が刻まれていました。

試し書きの紙が入っているのがありがたい。

お気に入りのインクが裏移りしないか、何行くらい書けるか試しておきたいと思っています。

内容の縛りがないフリーな日記帳にするつもりですが、行数は統一したくて。

中身は見開き左側が5年分の書き込みスペースで、右側がフリースペースになっています。

フリースペースは映画の半券を貼ったりするのに良さそう。

巻末のおまけページに各年1ページずつ書き込めるページがあります。

下の方のブックマーク欄は後で見返したい日付などを書いてインデックス的に使うようです。

1ページを半分に分けて、上半分に目標や予定を書いて下半分に進捗状況や所感を書くか、月ごとにアーカイブを書くか検討中ですが、おそらくアーカイブになるでしょう。

以上、開封レポートでした。使用レポートは来年のお楽しみに♪

来年は1年目で普通の日記帳ですが、2年目から面白くなるように日常を大切にして暮らしたいものです。

とはいえ良いことばかりを書ける訳はないから、毒出しは見返す必要のないモーニングページにぶつけて、5年手帳は落ち着いた状態で書くことにします_φ( ̄ー ̄ )