2→∞

2021年9月4日∞WayLife

なぜか、廃業届を出した後の方が発信欲が上がっているという笑

婚活や妊活を諦めた後の方がスルッと上手くいったって話をよく聞くけど、なんか似てる気がする。

必死で事を起こそうとするのをやめて、抵抗を手放して流れに身を任せると勝手に事が起こって進むってこと。

今さらやけど、エイブラハムの教えって本当やったんやな笑

屋号にこだわる必要がなくなって、せっかくだからサイトタイトルを少し変えようかなと思ってる。

「2WayLifeCafe」から「∞WayLifeCafe」へ。

「∞Way」の読み方は「AnyWay」にする。

「ひとつの立ち位置に固定されない生き方を」という気持ちをこめて「2WayLife」とタイトルにつけたけど、ここにきて二者択一は選択肢が狭すぎやしないかい?と感じた。

本当は、無限大に選択肢が存在していて、どれを選択しても、あるいは選択しないことを選択しても、全てが自由でOKな世界を私たちは生きている。

だから「Any(どんな)Way(選択)」の「Life(人生)」も全部ウケる!いいね!という気持ちをこめることにした。

そして、英語の「Anyway」には「とにかく、どっちにしろ、なんかなし」みたいな意味がある。

生きてたら、嬉しい出来事ばっかりじゃないし、皮肉にも記憶に残り続けるのは、嬉しい出来事よりも、一刻も早く忘れ去りたいような、グサグサと心が痛んだ出来事だったりする。

それでも、とにかく死なずに今日の今ここまで命を繋いで生きてきたじゃないか。

そして、どっちにしろ、時が満ちて肉体を脱いでこの世ゲームからログアウトするまでは、また明日の今日の今ここを生きるのだから。

忘れられない痛みは急いで忘れなくてもいい。

いつか、ウケる!いいね!と笑えるから。本当の自分は、もう笑ってくれてるから。

とりあえず、珈琲でも飲んで、猫でも撫でて、深呼吸しましょう。

過去の私が一番言って欲しかった言葉を、今の私が言ってあげるために、このサイトは続けていこうと思う。

未来の私も、今の私に同じように言葉をかけてくれていると思うと、とても心強いから。

自分=世界なら、それは全てに向けての発信とイコールになるとも思う。

こんな時だからこそ、マイペースに、ホッとして、着々と続ける意味があると信じて。